オナ禁で不眠症が治る5つの理由|寝付きが良くなり朝もスッキリ目覚める

不眠症に悩まされていて、オナ禁に効果があるか知りたい人向けです。

『 寝付きが悪い 』
『 目覚めが悪くしっかり寝た気がしない 』
『 日中頭がぼんやりしてしまい、生活の質が下がっている 』

不眠症の原因はさまざまですが、その一つはオナニーのやり過ぎが原因です。

エロ動画を見ながらのオナニーを続けると、射精の瞬間に大量にセロトニンやエンドルフィンなどの脳内ホルモンを消費してしまいます。

特にセロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンを生成するのに必要であるため、眠りの質が低下してしまいます。

不眠を改善するのに、サプリや薬に頼る必要はありません。

『オナニーを辞める』のは、無料かつスグに実践できますし、その効果は絶大です。

本記事では、オナ禁を続けることで不眠症が改善する理由から、オナ禁の効果を高める方法まで解説していきます。

オナ禁で不眠症が治る理由

大きく分けて理由は5つあります。

  • 睡眠ホルモンであるメラトニンが生成されやすくなるため
  • ベッドに入る時間が早くなるため
  • 将来に対する不安が軽減するため
  • 日中に精力的に動けるようになるため
  • 生活習慣への意識レベルが変化するため

睡眠の質を決める上で、オナニーは百害あって一利なしです。

あなたが眠れないのは、オナニーが原因でして、習慣化することで眠りを改善できます。

以下から、上記理由についてくわしくお伝えしていきます。

睡眠ホルモンであるメラトニンが生成されやすくなるため

 

睡眠を促すホルモンは、『メラトニン』と呼ばれる物質です。

実はこのメラトニンは、セロトニンと呼ぶ幸福ホルモンを使って生成されます。

セロトニンは人間の幸福を決める上で、最も大切なホルモンのひとつと言われています。

オナニーをすると、射精の瞬間に幸福感が高まりすぎてしまい、脳内からセロトニンがなくなります。

セロトニンが脳内になくなると、睡眠ホルモンの『メラトニン』が生成されなくなり、なかなか眠りにつくことができなくなるのです。

オナ禁以外でセロトニンを生成する方法

オナ禁以外にも、瞑想や腹式呼吸をすることでも、セロトニンが分泌されることが知られています。

また、リズムのある運動も良くて、自転車や水泳、ウォーキングなども、セロトニンの放出に良い影響があります。

セロトニンは、『トリプトファン』と呼ばれるアミノ酸の一種から作られ、食事から取る必要があります。

トリプトファンが多く含まれる食べ物は、肉や乳製品、大豆、赤みの魚などが代表的です。

不眠症を治すためには、禁欲して、日常的に運動の習慣をつけることが大事になります。

寝る時間が早くなるため

深夜にエロ動画を見ながらオナニーをすると、当然眠りに入るのが遅くなります。

そのため、エロ動画を見る習慣が生活に組み込まれていると、生活が不規則になりがちで不眠の原因になります。

また、身体がぐったりした状態で、ベッドに入ることで、寝付きが悪くなり睡眠時間が削れてしまいます。

さらに、スマホやパソコンからのブルーライトによっても、眠りが阻害されることも不眠に関係しています。

したがって、不眠症の人はエロ動画を見ないオナ禁をして、ベッドに入る時間を決めておくことで、眠りの質を高めていくことができるのです。

将来に対する不安が軽減するため

オナ禁を続けていくと、人生をより主体的に生きていこうとする気持ちが高まります。

一歩前に出る人生を歩むようになり、『やらなかった後悔』が減っていきます。

その過程で自己肯定感が上がっていき、自信もコツコツ積み上がっていくのです。

将来に対する不安は、積み上げた自信にもとずいて、以前よりもずっと減ります。

不眠に対して直接的な効果ではありませんが、人生レベルで思考が変化して、寝る前に不安で眠れないといったことがなくなります。

⇒【オナ禁でうつが治る3つの理由『脳内麻薬を余らせる』

日中に精力的に動けるようになるため

オナ禁をすると、身体にエネルギーがみなぎってきて、1日中精力的に動けるようになります。

不眠症に悩む方の中には、そもそも日中の活動力が少なくて、夜になってもあまり疲れていないパターンがあります。

身体は疲れていないのに、オナニーのやり過ぎで睡眠ホルモンだけ枯渇していて、生殺しのような状態となっているのです。

オナニーで失っていたエネルギーを、日中の運動や仕事、勉強へのエネルギーに転換することで、眠りたいときにスッと眠れるようになります。

生活習慣への意識レベルが変化するため

オナ禁をすると、思考力が上がり、普段の生活習慣を徹底的に見直すようになります。

お酒の量や食事にこだわるようになり、運動や筋トレの重要性にも気づきはじめます。

不眠に悩む方の中には、そもそもの生活習慣が悪かったり、日々の習慣の大切さに気づいていな人がいます。

ポルノ中毒気味の脳が正常に戻ることで、勝手に大切な習慣が身につくようになります。

オナ禁の睡眠効果を高める方法

最も大切なことは、『エロ禁』です。

オナ禁をしていても、エロ動画を見てしまっていては、ほとんど意味がなくなります。

理由はシンプルで、幸福ホルモンであるセロトニンを大量に消費してしまい、睡眠ホルモンであるメラトニンが生成されなくなるためです。

また、寝る時間も必然的に遅くなるので、射精を禁止するオナ禁をするのは、とてももったいない行為といえます。

大切なメラトニンを作る上では、エロ動画は最大の敵なのです。

⇒【エロ禁の効果を徹底解説!オナ禁の効果が激減する

まとめ

本記事では、不眠症に悩む方に対して、オナ禁が大切な理由をお伝えしてきました。

オナ禁が不眠症に重要となる理由は、

  • 睡眠ホルモンであるメラトニンが生成されやすくなるため
  • ベッドに入る時間が早くなるため
  • 将来に対する不安が軽減するため
  • 日中に精力的に動けるようになるため
  • 生活習慣への意識レベルが変化するため

であり、無料でスグに実践していくことで、寝付きが良くてグッスリと眠れるようになります。

また、エロ禁もオナ禁の効果を失わせない上で必須で、エロ禁を徹底していくことで、さらに睡眠の質を高めていくことが可能となるのです。