オナ禁でニキビが治らないのは嘘|エロ禁で肌質が改善する理由

オナ禁をすることにより、ニキビが治るかどうか知りたい人向けです。

『肌が脂ギッシュで清潔感が出ない』
『なかなかニキビが治らない』
『どうにかして綺麗な肌を取り戻したい』

上記の悩みを抱えている人は、オナ禁をしてみることで、肌質をガラリと変えることができます。

オナ禁をすることで、ニキビの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑え、肌荒れが軽減されます。

男性ホルモンが安定するため、肌のカサカサや脂性の肌が安定して、しっとりとなめらかになります。

本記事では、ニキビを根本から治したい人に向けて、オナ禁がニキビに効果がある理由から、エロ禁や食事にこだわる大切さまで解説していきます。

オナ禁でニキビが治らないのは嘘

オナ禁の効果については、都市伝説的に色々言い伝えられています。

運がよくなった
女性が寄ってくるようになった
怖いものがなくなった
スーパーサイヤ人になった気分
『肌質の改善』

などなど。

とはいえ、オナ禁をすることで、自信がみなぎり生殖能力が高まるテストステロンの血中濃度が高まるため、どれも真実に近いです。

肌質の改善も同様でして、オナニーの瞬間に大量に消費していたテストステロンが余るようになるので、ホルモンバランスが安定するようになるためです。

ニキビを治すにはエロ禁が必須

オナ禁をしてもニキビが治らないといった意見があります。

とはいえ、オナ禁しても肌質が改善しない人には、エロを禁止していない特徴があります。

射精しない状態でエロ動画を見続けても、ジヒドロテストステロンは生成されるため、オナ禁の効果がしっかり出ないです。

オナ禁とエロ禁の重要性を比率で表すと、3:7くらいでエロ禁が重要です。

あくまで体感ですが、エロ動画を見ながらの射精禁は、効果を半減させることになります。

オナ禁でニキビが治る期間

オナ禁でニキビが治る期間は、個人差ありますが1ヶ月以上は必要です。

1ヶ月より早く効果が表れる人もいますが、およその目安としては、30日を考えておくとよいです。

オナ禁の効果に個人差があるのは、人によってテストステロンが出やすい体質とそうでない体質があるためです。

もともとニキビができやすい人は、オナニーのやり過ぎか、ジヒドロテストステロンが生成されやすい体質であるため、少し長めにオナ禁の期間を見ておくとよいです。

ニキビが治ると同時に、髪質の改善や筋肉のつきやすさも変わってくるので、体全体の変化を楽しみに待ちましょう。

オナ禁と同時に食事にこだわるのも大事

ニキビを治すために重要なのは、口すっぱく言われることでもある『食事』が大事であることを、ここでも強調しておきます。

肌質の改善は、ニキビが出来にくい食事が前提となるため、口に入れるものに気をつける必要があります。

食事が適当な人のオナ禁は、あまり意味がないともいえ、あくまでもオナ禁と正しい食事はセットであることを忘れてはいけません。

具体的な食事の内容としては、キムチや、納豆、ヨーグルトなどが代表的ですが、個人に合ったものを選んでいくべきです。

どの栄養素が肌に良いかは、個人差が大きいため、身体の観察によって良いものと悪いものを見極めていくことが大事になります。